猫に関する情報が満載!

にゃにゃーん

猫を飼うときの心構え

可愛いだけでは、猫を飼うことは出来ません。
一旦、飼い主となったら、その子が死ぬまで一生面倒を見る責任があるからです。
では、どんな心構えをもって迎えればよいでしょう。
まず、毎日の食事の世話はもちろんですが、トイレの世話もしなければなりません。
不潔のままにしていたら、部屋が汚くなるだけでなく、衛生上から言ってもよくないからです。
病気の原因になったりもします。
また、食費、備品などを購入する費用、予防注射や避妊、去勢手術等における医療費の出費も覚悟しておかなければなりません。
特に、猫は犬同様、保険が効きませんので相当な額になってしまいます。
経済的は負担はかなりなものです。
また、猫は絨毯や壁、ソファーなどで平気で爪を研いだりします。
怒ったところで、習性上やめさせることは不可能でしょう。
そういった、マイナス面も十分考慮した上で、納得してから飼いましょう。
迎えたはいいけれど、家族の中にペットアレルギーの人がいたり、また動物が嫌いな人がいると、飼い主だけでなく、その子も不幸になります。
可愛いからと思いつきで飼うのではなく、家族と相談し、家族全員から賛成を得てから迎えてあげましょう。
愛情さえあれば、すべては乗り越えてゆけるはずです。

猫の餌について

猫を飼う場合、一番気を使うのは餌だと思います。
どれだけ与えたらいいのか、どんなものを与えたらいいのかというのは飼い主の責任です。
回数を間違えたりしてしまうと肥満になってしまったり、病気になってしまったりしてしまいます。
子猫の場合は大体4〜5ヶ月ほどで成猫と同じほどの身体になっていきます。
それまでは一度に多く食べることはできないため、一日三回ほどと多めに与えることが望ましいとされています。
大きくなったら一日二回朝晩に一回ずつ与えれば十分です。
それ以上与えてしまうと肥満になってしまいます。
基本的に気紛れな生き物ですので、食べたり食べなかったりします。
病気ではなくそのような習性なためあまり慌てずに、餌やおやつを多く与えてしまうのは控えた方が良いとされています。
キャットフードもさまざまありますが、ドライフードは栄養バランスがよく年齢によって種類や肥満対策などができます。
歯が生え揃っていない小さい時は猫用のミルクを与えたり、離乳食には専用のウェットフードなどがおすすめです。
基本的に、人間が食べているものを与えるのは避けることが望ましいとされています。
人間が食べているものは塩分や糖分が多いためペットの身体に悪い影響を与えてしまいます。

Valuable information

人形町 歯医者
http://alive-dc.jp/
ゴムクローラーの販売
http://www.rnd-net.com/
一宮市 不動産
http://www.taiseinoie.jp/
堺市 歯医者
http://www.takagi-d.com/
大宮 個室居酒屋
http://xn--ywvsd.com/
北九州 戸建て
http://answerclub.es-ws.jp/

Last update:2016/12/14